スタッフブログ

2020年5月 9日 土曜日

歯間ブラシの使い方(東大和市 大川歯科医院)


こんにちは。歯科衛生士の港です。


皆さんは普段の歯磨きの際歯ブラシ以外のものはお使いですか??
今回は歯間ブラシについてご紹介します(^_^)


歯間ブラシとは歯と歯の間の隙間の汚れを落とすための補助用具です。

普段歯ブラシだけで歯を磨いている方も多いと思いますが、実は歯ブラシだけでのお掃除では6割程度の汚れしか落とせません。

歯ブラシでは届かないところの清掃を歯間ブラシを併用することで磨き残しが格段に少なくなります。


歯ブラシだけで十分だと思われるかもしれませんが、一度念入りに歯ブラシだけで磨いたあとに歯間ブラシやデンタルフロスを通してみてください。
取れてくる汚れの多さに驚かれると思います。

磨き残しが虫歯や歯周病の原因となるのでこれらを予防する意味でも、歯間ブラシなどの補助用具での清掃がとても大切になってきます。


次に歯間ブラシの使い方をご紹介します。
歯間ブラシをゆっくり歯間に挿入し、ブラシの向きと位置に注意しながらブラシを細かく前後に動かします。
このとき10回を目安に動かすと効果的です。

使用するタイミングは、寝る前の歯磨きをする前に使用するのがおすすめです。

使用後はブラシをすすぎ洗いして、乾燥しやすい場所に保管しておきましょう。

歯間ブラシを入れるときのコツとしては、上の歯に通す際はブラシの向きをやや下に向けて、下の歯に通す際はやや上に向けて通すと歯ぐきを傷つけにくくなります。


最後に、歯間ブラシはサイズがたくさんあるので、使用する際は自分の歯の隙間に合ったサイズの歯間ブラシを選択することが大切です。
サイズが合わず、大きすぎるブラシを使ってしまうと歯ぐきを逆に傷つけてしまったり、小さすぎるブラシだと清掃性に欠けてしまうので歯間ブラシを通してる意味がなくなってしまいます。

目安としては歯間ブラシを通したときに、少し抵抗があるくらいです。

自分だとよくわからないという方は定期検診のときなど歯科衛生士に相談して頂ければ、歯間ブラシのサイズをチェックいたしますのでお気軽にお声がけください。


東大和市で歯科・小児歯科・予防歯科・訪問歯科・往診の事なら、大川歯科医院まで御相談下さい。
キッズルーム・キッズスペースも完備しておりますので、子供・お子様連れ・家族連れの患者様も遠慮なく御来院下さい。
また、外の医院への入り口から院内まで全て完全バリアフリーとなっておりますので、車椅子での御来院も問題ございませんので、お電話にてお問い合わせ下さい。
広々とした無料の患者様用駐車場が10台分ございますので、お車でも安心して御来院頂けます。
小学校を卒業するまでのお子様はフッ素塗布が無料になっておりますので、お気軽に定期健診にも通って頂けます。
また、随時急患対応をさせて頂いておりますので、お電話を頂けたらと思います。


pic20200509152930_1.jpg

pic20200509152930_2.jpg

投稿者 大川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

診療時間

9:00~13:30 14:30~19:00
14:30~18:00
日・祝 × ×

メニュー

  • 大川歯科医院について
  • 院長紹介
  • 医院理念
  • 設備紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金
  • アクセス

治療別メニュー

  • 虫歯治療/予防歯科
  • 小児歯科
  • 歯周病治療
  • 歯が抜けた時
  • 審美歯科
  • 訪問歯科